薄毛になりやすい毛というのがある

髪の毛にも薄毛になりやすいものと、そうでないものがあるそうですよ。
例えば硬くて黒々とした毛は、カラーリングをしてもなかなか色が定着しないし、パーマをかけてもかかりづらいし、厄介なことばかりに思えますが、薄毛になりにくいという点ではかなり優秀なのだとか。おじいさんおばあさんになってももさもさと髪の毛をたたえている人は、若いころは大体こういった剛毛であるのだという話を聞きました。
逆に誰もが憧れるようなサラサラのストレートヘアは、比較的抜けけすく、乾燥などに弱くてデリケートな性質を持つのだそうです。加えて一本一本が細いタイプだと、かなり薄毛の危険性が高くなるという噂です。
子供のころは髪の毛の量もとにかく多くて、毎朝のセットに大変な思いをしていた私も、今ではそれほど髪の厚さを感じることはありません。シャンプー後の薄さに驚くばかりで、年をとると本当に髪の毛は細く弱くなっていくのだなと実感します。
髪の毛の質だけが薄毛になるかどうかを左右するわけではないでしょうが、少なくとも強く太い毛を、守っていけるかどうかがかなり重要になってくることは確かなようですし、今のうちから髪によいことをして、髪が痩せないように取り組んでいきたいです。

関連ページ

AGAの医薬品を購入したい
男性の場合は、中年になり髪の毛が薄くなってきたらAGAと言われる男性特有の薄毛の状態である可能性は非常に高いと思います。AGAの状態は、男性ホルモンが頭皮の毛根に悪さをしていて、これを取…
ずっと薄毛で困っています
遺伝なのかもしれません。私はずっと薄毛で悩んでいるのです。そのためにサプリを飲んでいますが、まり効果は見られません。私は毎日薄毛を隠すように、ニット帽をかぶっています。でも仕事中はとらな…